コンポジットレジン

コンポジットレジンとは、セラミック粒子と合成樹脂を8:2の割合で合わせたもので、歯科治療で使われる『歯につめる』ための材料です。とても強く接着して、自然な歯の色に近い状態にすることが可能です。

旧来の型を取って詰め物や被せ物を作製する方法と違い、コンポジットレジンの治療では歯に直接材料を盛り足し、接着していきます。

メリット

  • 歯を削る量を最小限にすることができる

  • 金属アレルギーの心配がない

  • 白いので見た目が良い

  • ​治療回数が少ない

デメリット

  • 長期の使用により変色する可能性がある

  • 欠けたり、割れたりする可能性があ

  • 術者によって仕上がりが違う

  • ​1回の治療時間が長いことがある

スクリーンショット 2022-06-21 14.05_edited.jpg
スクリーンショット 2022-06-21 14.05.32.png
スクリーンショット 2022-06-21 14.05_edited.jpg
スクリーンショット 2022-06-21 14.05_edited.jpg
スクリーンショット 2022-06-21 14.06_edited.jpg