コンポジットレジンによる虫歯の修復

最終更新: 4月22日

コンポジットレジンという材料があります。

歯に対する接着を基本として、虫歯の治療や歯の審美回復、歯がないところに歯を補うなど、様々なことに使用されます。

接着技術の向上により応用範囲が広くなりましたが、元々はあまり力がかからない狭い範囲の虫歯の治療に主に使用されていました。


コンポジットレジンにはペーストタイプとフロアブルタイプがあります。

ペーストは粘土のような触感で、フロアブルは粘性の強い液体です。

動画はフロアブルレジンを用いて、金属の詰め物が外れたところに対してコンポジットレジンによる修復処置を行ったものです(5倍速)。



審美的にも機能的にも優位な点が多いので、歯と歯の間を含まない虫歯の治療は基本的にはコンポジットレジンをお勧めしています。

88回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示