根管治療中の器具の破折

最終更新: 4月22日

歯の中の神経が入っている管の治療を根管治療と言います。

非常に細かい作業であり、使用する器具が破折する可能性があります。

破折した器具が感染の原因とならなければそのまま経過を見ることもありますが、

感染の原因となる場合は可能な限り除去を試みます。



写真は他院での治療で根管内に器具が破折し、そのまま歯を作っていた症例です。

根の先に黒い影があり、感染の原因となっていることが分かります。



破折器具の除去はその状況により難易度が異なりますが、症例は比較的容易なものです。

歯科用顕微鏡と超音波器具を使用し、除去ができました。



根管治療は非常に複雑で難しい治療です。

複数回治療を行うことで、治療はより複雑になり治癒する確率も下がります。

まずは根管治療が必要にならないようむし歯を予防し、根管治療が必要となった際は最初の治療でしっかり時間をかけ、適切な治療を行うことが重要です。

33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示