見えない選択肢

多くの人は、何か問題が起きて歯医者に行きます。

むし歯ができたから。

歯がグラグラしてきたから。

その問題がある状況に対して、歯科医より治療の選択肢が提示されます。

歯に新しいむし歯ができた場合、歯医者からこんな選択肢が提示されます。

①金属の詰め物(メタルインレー)

 特徴:歴史が長い。歯と歯の間を作りやすい。見た目は金属色。歯を削る量が多い。

②高分子樹脂の詰め物(コンポジットレジン充填)

 特徴:削る量が少ない。処置回数は1回。処置の品質は術者の習熟度による。

③セラミックの詰め物(セラミックインレー)

 特徴:歯と歯の間を作りやすい。歯を削る量が多い。汚れが付着しづらい。


保険が使えるかどうかも処置の内容により異なります。

メリットとデメリットを理解した上で、治療方針を選ぶことになります。


さてここで、こんな選択肢だった場合はどうでしょうか。

①健康な歯

②メタルインレー

③コンポジットレジン充填

④セラミックインレー


この選択肢なら、皆さん「①健康な歯」を選ばれると思います。

実はこれが、予防歯科を行うということなのです。


問題が起きる前に問題が発生するリスクを評価し、そのリスクをコントロールすることで問題の発生を抑制します。

結果として、健康な歯を健康なままで保つということが予防歯科の本質です。


もし今お口に何の問題を感じていないとしたら、今は「①健康な歯」という選択肢を選ぶことができる状態かもしれません。

普段は意識しない、この見えない選択肢を選ぶために予防歯科を始めませんか。

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示