アマルガムという金属

更新日:4月22日

むし歯の治療では、むし歯を取ったところに詰め物をします。

コンポジットレジンやセラミックといった白い材料か、金属を用います。

その金属の中にアマルガムという金属があります。

現在新しいむし歯の治療に使われることは稀ですが、以前は奥歯の噛むところのむし歯の治療に使われることが多かったので、お口の中で見ることは多いです。



アマルガムには水銀が含まれており、積極的に除去するべきという意見を散見します。

この点については、日本歯科保存学会の「アマルガム使用に関する検討委員会」では以下のように回答しています。


>銀歯(アマルガム)をそれだけ(水銀が入っているという表現も正確ではありません)の理由で除去する必要はまったくありません。


金属であるので、アレルギーの可能性については否定はできません。

しかし、健康上の問題が確認できない状態で全て除去するべきというのは少し言い過ぎの感じがします。

とはいえ、金属色で見た目も悪く、歯への接着もしない等のデメリットも多いので、審美性向上のために除去をすることは当院でも推奨しています。




丁寧に治療を行えば歯への影響も最小限に抑えられます。

治療のご希望があれば言って下さいね。

124回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示