インプラント

DENTAL IMPLANT

歯科におけるインプラントとは、歯を失った場所の骨にチタン製のスクリュー(インプラント体)を入れ、それを歯の根の代わりにして歯を作る処置のことを指します。

インプラント技術の進歩は目覚ましく、以前に比べて格段にリスクが少なく処置が可能になってきました。しかし、安全な治療のため、適切な診断、適切な治療計画、インプラントの選定、衛生管理の徹底など、様々な要素が不可欠です。

​当院では、インプラントのみの処置は行わず、必ず全顎的な管理の後インプラント治療を行っています。歯科用CTにて三次元的な位置関係を把握し、コンピュータによる解析を行った上で最適な治療方針をご提案いたします。

​インプラントは入れれば終わりではありません。長くお口の中で機能していくために適切なセルフケア、定期的なメンテナンスが必要です。

診療科目アイコン小.001.png

CTによる診査

顎の骨の幅や厚み、体の大事な構造物との位置関係把握

インプラントのご希望があった場合、まずはCTにて検査を行い、インプラントを埋めていくことが可能かどうかを診査します。

抜髄 >

診療科目アイコン小.002.png

コンピュータによるシミュレーション

CT画像を元にインプラント埋入、被せ物製作までをシミュレーション

CTにてインプラント手術のシミュレーションを行います。使用するインプラントの種類、埋入する方向、深さ、最終的に入る被せ物などをコンピュータ上で設計していきます。

感染根管処置 >

診療科目アイコン小.003.png

​サージカルガイドを用いた埋入手術

設計を忠実に再現した手術

目視や術者の経験則のみの手術は結果にばらつきがあります。サージカルガイドと呼ばれるインプラント手術時の補助器具を使うことにより、シミュレーションを確実に再現した手術を行うことができます。

​歯根端切除術 >   意図的再植術> 

診療科目アイコン小.004.png

口の中の環境にフィットした補綴物

治癒を待って、補綴物(被せ物)を製作します

治療計画の時点で最終的なゴールを設定して手術を行っているので、組織の回復を待って、お口の環境にあった被せ物を作っていきます。

根管内からの破折片除去 >   歯根端切除術 >   意図的再植術 >

当院では、デンツプライシロナ株式会社の「アストラテックインプラント」を用いたインプラント治療を行っております。

21616515_1426972630715563_14287019811491