拡大床

IMG_0764.JPG

対象者  : 小学校1年生〜3年生前後

使用期間 : 1年〜3年程度

装着時間 : 1日あたり10〜14時間前後​

拡大床とは

取り外しができるプレートで、歯の移動と顎の骨の拡大を行う装置です。

歯を正しい位置に動かし、併せて歯の土台も正しい大きさに広げていきます。装置にはスクリューが装着されていて、スクリューを回すことで使用します。

シンプルな構造で治療効果の高い装置として子供の矯正治療において多く使われています。

​当院ではご本人や保護者様が気にしている部位がしっかり改善されるよう一人ひとりにカスタムし必要に応じてワイヤーを足す等の工夫を行っています。

取り外せない固定式の矯正装置を装着していると歯磨きが難しくなり、むし歯のリスクが上がります。

​お子さんのむし歯は非常に早く進行し、あっという間に細菌が神経まで到達してしまいます。このような観点から、当院ではできるだけ取り外せる装置を選択しています。なお、固定式の装置で治療が必要な場合は、むし歯の予防処置を念入りに行いながら矯正治療を進めます。