虫歯は歯磨きで治る?

虫歯は嫌ですね。

気がついたら歯に穴があいている。

歯医者でキーンと高い音をまた聞かないといけない。

できれば虫歯になんてなりたくないのに。


残念ながら、見て分かるような穴があいてしまった歯は元には戻りません。

放っておいたらさらに悪化するので、

歯医者さんに行って、虫歯をとって、詰める処置が必要です。

でも、全ての虫歯がそうかというと、そうでもありません。


初期の虫歯は削らなくても治る


実は私たちの歯の表面では、毎日「歯が溶けたり」「戻ったり」しています。

ばい菌が出す酸によって歯が溶けることを「脱灰(だっかい)」といい、

唾液の働きで戻ることを「再石灰化(さいせっかいか)」といいます。

誰でも食事をするたびに歯は溶けているのです。

溶けるのに虫歯にならないのは、溶けた分「再石灰化」で元に戻っているからなのです。


しかし、この「脱灰」と「再石灰化」のバランスが崩れ、溶ける方が多くなってしまうと、

だんだん歯の表面のミネラルが失われ、やがて穴があいてしまいます。

虫歯とは一方通行でできるものではなく、シーソーのようにゆらゆら動くバランスの元で、

進行するかしないかが決まってくるものなのです。


「歯の表面からミネラルが失われてきているけど、穴はあいてない」

という、虫歯の初期の段階があります。

写真のように、歯の表面の一部が、透明感が失われ白く濁った状態です。


虫歯 脱灰 エナメル質う蝕 みやぎ歯科室 浜松 浜北 染地台 歯医者 予防歯科 小児歯科 矯正歯科 訪問歯科 コンポジットレジン 審美歯科 ホワイトニング

この場合、「再石灰化」しやすい環境を整えてあげることで歯は治ります。

様々な要素が絡み合うので、これをすれば絶対というものはありませんが、

代表的なものは以下の通りです。


・寝る前には必ず歯磨きをする

・フッ素入りの歯磨き粉を使用する(低年齢は議論あり)

・糖分の摂取を控える

・規則正しい食生活にし、ダラダラ食いをしない


環境を整えることで初期虫歯を治し、新しい虫歯を作らせない


削って埋めるという治療を繰り返しては、お口の中は決して良くなりません。

お口の健康を守るためには、

早期に発見し、早期にお口の環境を整える

ということが必要です。

150回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示