ラバーダム防湿

最終更新: 2020年1月7日


ラバーダム防湿 みやぎ歯科室 浜北

ラバーダム防湿法という処置があります。

歯を治療する際に、治療したい歯だけを見える状態にし、

他の歯はゴムのシートにて覆ってしまうという処置です。

歯の治療のための「簡易オペ室」といったようなものですね。

神経の治療や詰め物の治療の際に使用します。

ラバーダム防湿を行うことにより次のようなメリットがあります。

①唾液の侵入を防ぐことにより清潔に治療ができる。

②治療に使う器具や薬液などがお口の奥に侵入するのを防ぎ、安全である。

③舌や唾液を防ぐことで治療の効率が向上する。

使用することによるメリットは多いので、当院では積極的にラバーダム防湿を行っています。

治療中の状態はこんな感じです。

苦しくないの?と思われるかもしれませんが、鼻呼吸ができれば問題ありません。

むしろ、治療に使う水があまり入ってこないため楽です。

口を開けているのをある程度支えてくれるため、長時間の処置にも向いています。

動画は、細菌が感染して死んでしまった神経を取り除く治療中のものです。

ラバーダム防湿を行い、新たな細菌の感染をおこなさないように治療しています。

歯の寿命を延ばすために、予防歯科、メンテナンスは欠かせませんが、

やはり丁寧な治療というのも大切です。

ラバーダムを併用した治療は歯の寿命を延ばすことができると考えています。

今後も丁寧な治療に努めてまいります。


237回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示